自費の入れ歯(義歯)

歯を失ったときの治療法は3種類

歯を失ったときの治療法は3種類虫歯、歯周病、事故などによって歯を失ってしまったときの治療法としては「入れ歯」「インプラント」「ブリッジ」があります。
どの治療が良い・悪いということではなく、それぞれにメリット・デメリットがありますので、ご自身に合ったものを選択しましょう。
お口や身体の健康にとって一番良くないのが、「抜けたまま放っておく」という選択です。歯を失ったときには、必ず、歯科医院でお口の機能性・審美性を取り戻す治療の相談をしましょう。

入れ歯治療とインプラント・ブリッジの違いは?

入れ歯は、インプラント、ブリッジの違いを、改めて確認しましょう。

入れ歯 インプラント ブリッジ
概要 入れ歯歯を失ったところに、部分入れ歯または総入れ歯を装着する。 インプラント顎の骨にインプラントを埋め込み、その上にセラミック歯を取り付ける。 両隣の歯を削り、連結した人工歯を、橋をわたすように架ける。
保険・自費 保険・自費 自費のみ 保険・自費
審美性 やや劣る (自費なら優れる) 非常に優れる 優れる (自費ならより優れる)
安定性 ズレることがある (自費なら優れる) 非常に優れる 優れる
咬み心地 やや劣る (自費なら優れる) 非常に優れる 優れる
違和感 大きい (自費なら小さい) ほぼない 小さい
まわりの歯への影響 大きい (自費なら小さいものもある) ない 大きい
手術の有無 ない ある ない
治療期間 比較的短期間 3ヵ月~1年 比較的短期間
治療後のメインテナンス 欠かせない 絶対に欠かせない 欠かせない

入れ歯治療のメリット・デメリット

入れ歯には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 基本的に歯を削る必要がない
  • 適応の範囲が広い
  • 手術が必要ない
  • 取り外せるため毎日のケアが楽

※特に、将来的に介護が必要になった場合、取り外して洗浄できる入れ歯は、介護をする方にとって、インプラントやブリッジよりもお手入れが格段に楽です。

デメリット

  • 痛み、違和感が生じることがある
  • 天然歯のように強く噛むことが難しい
  • 部分入れ歯の場合、金属のバネが目立つ

※上記のデメリットは、いずれも、自費の入れ歯によって改善・解消が可能です。

当院で扱っている入れ歯の種類と特徴

木下歯科では、以下のような入れ歯を取り扱っております。

BPSエステティックデンチャー

BPS(Biofunctional Prosthetic System=生体機能的補綴システム)を活用し、咬み合わせの状態(力・位置)を再現して作製するフルオーダーメイドの入れ歯です。
患者様にとっての正しい咬み合わせを忠実に入れ歯に反映させることができます。
また、名前の通り審美性にも優れており、自然なお口元に仕上がります。認定を受けた歯科医師・歯科技工士のみが取り扱える入れ歯です。

『BPSエステティックデンチャー』と『保険の入れ歯』の違い

BPSエステティックデンチャー

BPSエステティックデンチャー

保険の入れ歯

保険の入れ歯

BPSカラーリング

歯茎に自然なカラーリングを施したBPSデンチャーです。 多数の色調を持つ材料・線維を使用することで、これまでにない、作品のような繊細なカラーリングを可能にしました。
口を開いたときの細部の自然な美しさまでこだわりたいという方におすすめです。

金属床(コバルトクロム)

金属床(コバルトクロム)床部分を金属(コバルトクロム)で作る入れ歯です。金属を使用することで、入れ歯自体を薄く作ることができ、保険の入れ歯と比べて異物感を大きく抑えられます。
薄いことに加えて、熱伝導性にも優れることから、飲食物の冷たさ・温かさをしっかりと感じ、おいしく召し上がっていただけます。
ただし、金属アレルギーの方にはおすすめできません。

ノンメタルクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー保険の部分入れ歯であれば付属する、「金属のバネ」のない部分入れ歯です。
人工の歯茎が、天然の歯茎を包むようにして安定を得ます。
薄く作れ、審美性にも優れているため、快適で気づかれにくい入れ歯だと言えます。

症例

BPSエステティックデンチャー症例

Before

BPSエステティックデンチャーbefore

After

BPSエステティックデンチャーafter

①治療名 上顎BPSデンチャー(+下顎メタルセラミッククラウン+下顎金属床義歯)
②治療説明 上顎は総義歯(総入れ歯)のBPSデンチャー(金属床・歯肉カラーリング有)です。
③治療回数・期間 7回・2ヶ月
④副作用とリスク BPSは生体機能的補綴システムに則った治療法であり機能・審美面において優れますが、顎堤吸収が著しく強い(顎骨の土手が著しく少ない)方においては特に機能面でその限りではありません。また保険診療ではありません。
⑤料金 45万円(金属床オプション5万円・歯肉カラーリングオプション5万円 含む)

ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)症例①

Before

ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)before

After

ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)after

①治療名 ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)
②治療説明 右下臼歯部の欠損部を補うために、前歯にかかるバネが金属ではない素材を使用して義歯を作製しました。
③治療回数・期間 5回・2ヶ月
④副作用とリスク バネに金属は使用しませんが、見えにくい部分には金属を使うことがあります。また義歯を修理する際はお預かりして修理を行います。
⑤料金 25万円(3歯欠損のスマートデンチャー:20万円・メタルバッキング:5万円)

ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)症例②

正面

Before

ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)正面before

After

ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)正面after

上顎

Before

ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)上顎before

After

ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)上顎after

下顎

Before

ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)下顎before

After

ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)下顎after

①治療名 ノンメタルクラスプデンチャー(スマートデンチャー)
②治療説明 上下共に、欠損部を補うために、前歯にかかるバネが金属ではない素材を使用して義歯を作製しました。
③治療回数・期間 6回・2ヶ月半
④副作用とリスク バネに金属は使用しませんが、見えにくい部分には金属を使うことがあります。また義歯を修理する際はお預かりして修理を行います。
⑤料金 60万円(5本以上のスマートデンチャー:25万円・メタルバッキング:5万円)

料金

BPS エステティックデンチャー 350,000円
カラーリング 50,000円
金属床(コバルトクロム) 50,000円
ノンメタルクラスプデンチャー 1~2歯欠損 150,000円
3~4歯欠損 200,000円
5歯以上欠損 250,000円

※消費税込の表記です。

一番上に戻る
WEB診断予約WEB診断予約 072-743-0180072-743-0180

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町6-86

072-743-0180
日・祝
9:00~13:00
15:00~19:00

…9:00~14:00
休診日:木曜(午後)・土曜(午後)・日曜・祝日
※診療時間の変更は随時NEWS、診療カレンダーから掲載

駐車場4台
バリアフリー対応