保険の入れ歯

保険の入れ歯について

レジンのみで作る入れ歯です。レジンの強度の問題から、ある程度厚みが生じます。そのため、異物感はやや大きくなります。

安価に作れる点、修理がしやすい点、治療期間が短い点は、保険の入れ歯のメリットと言えます。
部分入れ歯として作製する場合には、安定性を確保するため、金属のバネが付属します。部位によっては、このバネが目立ってしまいます。

保険適用で治療できる入れ歯(義歯)の特徴

保険適用で治療できる入れ歯(義歯)の特徴保険の入れ歯は、粘膜に触れる床部分、人工歯ともにレジンで作られます。部分入れ歯の場合は、安定を得るための金属のバネが付属します。
保険診療であるために低価格で、短期間での作製が可能です。また、修理がしやすい点も、メリットと言えるでしょう。
デメリットとしては、床部分が厚いことによる異物感の大きさ、食べ物の熱の伝わりにくさが挙げられます。長く使っていると、変色やすり減りも進みます。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯と自費の入れ歯、どのような点が違うのか、改めて確認しましょう。

保険の入れ歯 自費の入れ歯
歯茎部分の材料 レジンのみ レジン、金属、シリコンなど自由に選択できる
人工歯部分の材料 レジンのみ レジン、セラミック、金属など自由に選択できる
型取り 一般的な型取り 精密な型取り
厚み 厚くなる 薄く作れる
審美性 やや不自然 自然な美しさを追求できる
修理 しやすい 難しいことがある
費用 保険のため低価格 自費のため高額

あなたにおすすめの入れ歯は?

あなたにおすすめの入れ歯は?

総入れ歯

見た目の良い入れ歯がいい

BPSエステティックデンチャー、BPSカラーリング

しっかりとフィットする入れ歯がいい

金属床、BPSエステティックデンチャー

食べ物の温かさ・冷たさをしっかり感じたい

金属

歯茎の色にこだわりたい

BPSカラーリング

異物感の少ない入れ歯がいい

金属床、BPSエステティックデンチャー

費用を抑えたい

保険の入れ歯

部分入れ歯

見た目の良い入れ歯がいい

ノンクラスプデンチャー、BPSエステティックデンチャー、BPSカラーリング

しっかりとフィットする入れ歯がいい

金属床、BPSエステティックデンチャー

費用を抑えたい

保険の入れ歯

金属アレルギーの症状がある方

金属アレルギーとは、歯科金属、食品、アクセサリーなどから身体に入り込んだ金属が引き起こす、さまざまなアレルギー症状のことを指します。
金属アレルギーの方、金属アレルギーが心配な方には、歯科金属の使用をおすすめしません。金属を使用しない入れ歯もご用意しておりますので、一度ご相談ください。

入れ歯をしていても快適な食生活を!食事のポイント

入れ歯をしていても快適な食生活を!食事のポイントせっかく入れ歯を作ったのに、食事が楽しめない・栄養をしっかり摂取できないといったことがないように、調理法や食べ方に一工夫を凝らしましょう。

  1. 固いものは煮物・汁ものにしてやわらかく煮込む
    固いものも、水分を含むと食べやすくなります。お肉や野菜など、煮物、汁ものにするとよいでしょう。シチューもおすすめです。

  2. 肉の赤身・脂身は筋を切る
    年齢を重ねても、お肉を好きな方は多いですね。赤みと脂身のあいだに包丁で切れ目を入れ、筋を切っておくことで、加熱後に食べやすくなります。

  3. 食材を細かくしすぎない
    食材が細かいと、特に入れ歯を使っている場合には逆に噛み切りにくくなります。ある程度の大きさがある方が噛み切りやすく、食べ応えも感じられます。

  4. キャベツは茹でる
    繊維の多いキャベツは、生のまま・炒めて食べるよりも、茹でる方がやわらかく食べやすくなります。他の葉物野菜にも同じことが言えます。

  5. 適度に脂質を摂る
    脂質は、年齢を重ねると摂取量が減る傾向にあります。エネルギーとなる大切な栄養ですので、適度に摂りましょう。オリーブオイルやごま油などの、必須脂肪酸の多い油をうまく料理に取り入れましょう。

入れ歯のお手入れ方法

食後

  1. 洗面器に水を張ります。
  2. 洗面器の上で、流水に当てながら入れ歯を洗います。
    ・洗面器の上で洗うことで、落としてしまったときの破損を防ぎます。
    ・入れ歯用のブラシを使って、傷つかないよう、優しく洗ってください。
    ・くぼんでいるところ、金属のバネは特に丁寧に洗ってください。

就寝前

就寝前

  1. 食後と同じように、洗面器の上で流水に当てながら入れ歯を洗います。
  2. ぬるめのお湯に洗浄剤を入れて、入れ歯を浸します。
    ・熱湯は厳禁です。変形、変色の原因になります。

  3. 一定時間(就寝中など)浸したら取り出し、入れ歯用のブラシで、流水で洗浄剤を洗い流します。
  4. お口の状態などにより、入れ歯を装着したまま寝た方がいいか、外して寝た方がいいか、患者様に合わせて指導いたしますので、ご安心ください。

入れ歯に関するよくある質問

入れ歯が痛いのですがどうしたらよいですか?

入れ歯をしていたら話しにくいです。どうにかなりませんか?

入れ歯で口の中が乾きます。なぜですか?

入れ歯が合わず吐き気がする…どうすればいいでしょうか?

入れ歯安定剤は使ってもいいですか?

入れ歯を長くお使いいただくために

加齢とともに、少しずつ歯茎や痩せ、骨の量も減ります。同時に、入れ歯も“物”である以上劣化・変形します。そのため、初めはぴったりだった入れ歯も、少しずつ合わなくなってきます。これはごく自然なことです。
ただ、そのまま入れ歯を使い続けると、確実に「より合わなく」なってしまいます。これを避けるためには、定期的に調整を、また場合によっては修理・作り替えを行うことがポイントです。

入れ歯を長く快適に使用するということは、お口の健康もそれだけ維持できるということです。入れ歯を、残った歯を長く使うためにも、定期的な入れ歯・口腔のメインテナンスには必ず通いましょう。もちろん、メインテナンスのタイミングでなくとも、使いづらさ、痛みなどを感じたときには、いつでもご相談ください。

一番上に戻る
WEB診断予約WEB診断予約 072-743-0180072-743-0180

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町6-86

072-743-0180
日・祝
9:00~13:00
15:00~19:00

…9:00~14:00
休診日:木曜(午後)・土曜(午後)・日曜・祝日
※診療時間の変更は随時NEWS、診療カレンダーから掲載

駐車場4台
バリアフリー対応