tel:072-743-0180

  • WEB診療予約
  • 無料メール相談

むし歯治療・ダイレクトボンディング・根管治療

負担の少ない治療を心がけます~むし歯治療・根管治療~

伊丹市・尼崎市の両方から通いやすい歯医者、「木下歯科」のむし歯治療ダイレクトボンディング根管治療について、ご紹介します。

負担の少ない治療を心がけます~むし歯治療・根管治療~

むし歯になっても、歯を削る・抜くといった治療によって痛みなどの症状を取り除くことはできます。しかし、元の健康な状態には戻せません。また、削る・抜くなどの治療には「痛み」を伴うことが多く、患者様の心と体に大きな負担がかかってしまいます。

そこで当院では、できるだけ歯を「削らない」「抜かない」「痛くない」、やさしいむし歯治療を実践しています。患者様の負担を最小限に抑えるよう努めていますので、歯医者に苦手意識をお持ちの方も安心してご来院ください。

むし歯治療

歯が痛む・しみる方へ

歯が痛む・しみる方へ

むし歯は、自然治癒することのない病気です。風邪とは違い、放っておいても治ることはありません。しかも初期段階ではほとんど自覚症状がなく、「歯が痛い」「歯がしみる」といった症状に気付いた時は、かなり進行してしまっている可能性があります。むし歯を治療せず放置し続けていると、抜歯以外に治療選択肢がなくなって歯を失うことにもなりかねません。深刻な事態になる前に、なるべく早く歯科医院を受診しましょう。

むし歯の要因と予防

むし歯とは、お口の中の「糖分」をエサにして繁殖した「むし歯菌」が出す酸により、歯の表面のエナメル質が溶かされていく病気です。歯の性質=「歯質」には個人差があり、酸に弱いタイプの歯質の方は、そうでない方と比べてむし歯にかかりやすい傾向にあります。

むし歯の要因と予防

むし歯を防ぐ一番の方法は、毎日の丁寧なブラッシングです。とくに食後30分以内にブラッシングをすると効果が高いとされています。しかし、毎回完ぺきにブラッシングするのは難しいもの。みがき残した汚れは歯垢から歯石へと変化して歯にこびりつき、簡単には落とせなくなってしまいます。

そこで頼りにしたいのが、歯科医師や歯科衛生士による歯のクリーニング。専門的な器具を使えば、歯の汚れを徹底的に除去できます。定期的にプロの手によるクリーニングを受けることが、お口の健康を守るカギになります。

むし歯の進行度合いと治療法
進行度合い C1 C2 C3 C4
c1 c2 c3 c4
状態 歯の表面のエナメル質が溶けはじめています。患部は茶色や黒色になっています。 むし歯がエナメル質の内側の象牙質まで進行しています。 むし歯が歯の神経や血管にまで達した状態です。 歯の神経が死んでしまうので一旦痛みはなくなりますが、そのまま放置すると歯の根の先に膿がたまり激しく痛みだします。
治療法 むし歯に感染した部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰める処置をします。 基本的にはC1と同じ処置を行いますが、削る部分が大きくなるため、大きさに合わせてインレー(詰め物)で補う場合もあります。 むし歯に冒された神経を取り除き、歯の根を残す「根管治療」が必要になります。 ほとんどの場合、抜歯する必要があります。入れ歯やインプラント治療で失った歯を補います。

できるだけ歯を削らない「ダイレクトボンディング」

できるだけ歯を削らない「ダイレクトボンディング」

通常はむし歯菌に感染した部分を削り取る治療を行います。しかし、一度歯を削ってしまうと元には戻りません。また、削った部分を補うために装着した詰め物や被せ物と歯の隙間にむし歯菌が入り込み、むし歯が再発する可能性も高まります。

そこで当院では、患者様の身体的・精神的な負担をなるべく少なくするために、必要最小限の範囲のみを削って治療する「ダイレクトボンディング」という治療を導入しています。

ダイレクトボンディングとは

ダイレクトボンディングとは、割れたり欠けたりした歯の修復や、歯の隙間を埋めたり、歯の色を改善したりといった目的で、多種類のプラスチック(レジン)を直接歯に詰める治療法です。セラミックによる被せ物や詰め物に比べて、歯を削る量が少なくて済み、治療が最短1日で完了するといったメリットがあり、近年注目が集まっています。

当院ではダイレクトボンディングを保険診療で行っています。関心をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

(*まずはお口の中を拝見してからの治療となります。準備も必要ですので、基本的に初診当日に治療はできかねます。ご了承ください)

このような状態の方におすすめです 
  • 前歯に隙間がある方
  • 前歯の表面や歯の隙間が変色している方
  • 過去の治療で入れた詰め物が変色してきた方
  • 過去の治療で入れた銀色の詰め物を白くしたい方
  • 前歯が少し欠けている方
  • 歯の表面がデコボコしている方
  • 被せ物や差し歯、詰め物が取れた、割れた、欠けたなど、トラブルのある方
  • むし歯を治療したいが、銀色の詰め物にしたくない方
  • 歯をできるだけ削りたくない方
ダイレクトボンディング術前 ダイレクトボンディング術後

ダイレクトボンディング術前

ダイレクトボンディング術後

ケガによる右上前歯の破折 ダイレクトボンディングによる即日修復

ケガによる右上前歯の破折

ダイレクトボンディングによる即日修復

ダイレクトボンディングのメリット
メリットその1歯を削る量が少ない
ダイレクトボンディング治療で削るのは、必要最小限の範囲のみ。被せ物や詰め物と比べて負担が少なく、歯にやさしい治療法です。
メリットその2治療期間が短い
直接口の中で治療を行うため、歯型を採る必要がありません。治療期間が短いのが特長です(最短1日)。
メリットその3治療費が安く、経済的
当院ではダイレクトボンディングを保険診療で受けていただけます。症例によっては自費診療の場合もありますが、他のセラミック治療より低価格で受けられます。
メリットその4部分的な補修ができる
セラミックや金属は、破損した場合一からつくり直す必要がありますが、ダイレクトボンディングは破損した部分だけを補修することが可能です。

根管治療

根管治療とは

根管治療とは

歯の神経にまで達した重度のむし歯は、従来なら抜歯という選択肢しかありませんでした。現在の歯科治療では、むし歯に感染した神経や血管を除去して歯の根を残す、「根管治療」が行われています。

歯が1本でも欠けてしまうと歯並びに乱れが生じて、残った歯に悪影響を及ぼしますが、根管治療によって自分の歯を残すことができれば、抜歯のリスクを回避することが可能なのです。

精度の高い根管治療を実現するために

根管治療は歯の寿命を延ばす、とても有効な方法です。しかし、根管は細く複雑な形状をしているため、非常に高度な技術が求められます。

当院では精度の高い根管治療を実現するため、「ニッケルチタンファイル」を採用しています。ファイルとは、むし歯に感染した歯の組織を根管内から除去する際に使用する器具のこと。ニッケルチタンファイルは 従来のステンレス製のファイルよりも柔軟性が高く、入り組んだ根管内から汚染された組織を確実に除去することができます。さらにステンレスに比較すると根管内を傷つけるリスクが低いこともメリットとして挙げられます。

根管治療の流れ
STEP1根管の長さの測定

STEP1:根管の長さの測定

専用の器具を使って根管の長さを正確に測定します。

STEP2根管内の清掃

STEP2:根管内の清掃

根管内の汚れや、むし歯に感染した組織を完全に除去します。

STEP3薬剤による消毒・殺菌

STEP3:薬剤による消毒・殺菌

専用の薬剤で根管内を消毒・殺菌します。

STEP4根管充填

STEP4:根管充填

薬剤を根の先端まで隙間なく詰めて密閉し、再感染を防ぎます。

STEP5歯の修復

STEP5:歯の修復

治療した歯根の上に土台を入れ、被せ物を装着して完了です。

症例紹介

むし歯治療の症例
上顎前歯コンポジットレジン修復症例

<治療前>

治療前

<治療後>

治療後

上の前歯の裏側です。歯と歯の間の黒くなっている部分がむし歯です。以前に装着した詰め物(レジン)もむし歯になっています。食べ物がはさまりやすい、冷たい物や甘い物がしみるなどの自覚症状がありました。 むし歯と詰め物を治療した結果、自覚症状が改善されました。
上顎臼歯コンポジットレジン修復症例1

<治療前>

治療前

<治療後>

治療後

詰め物の内部に残っていたむし歯が徐々に進行した症例です。自覚症状はなく、偶然撮ったレントゲン写真でむし歯が見つかりました。金属の詰め物を外し、中のむし歯を除去しました。 むし歯を除去した後は、保険診療でできる白い樹脂の詰め物(コンポジットレジン)を装着しました。コンポジットレジンには、前回使用した金属の詰め物と比べて、治療が一度で終了すること、天然歯に近い素材で安全性が高いというメリットがあります。
上顎臼歯コンポジットレジン修復症例2

<治療前>

治療前

<治療後>

治療後

過去のむし歯治療で装着した詰め物からむし歯になった症例です(二次カリエス)。金属の詰め物を外して、むし歯を徹底的に除去しました。 コンポジットレジンで修復しました。歯と歯の間の形態を再現するのが難しいケースもありますが、今回はうまく修復でき、患者様にも大変喜んでいただきました。ただし、むし歯などで歯が大幅に欠けてしまっている場合は、歯型を採って詰め物を装着する修復法がベストです。保険診療の金属でも機能面では問題ありませんが、審美性を求めるならセラミックやジルコニアがおすすめです。こちらは自費診療になります。
根管治療の症例
上顎臼歯の感染根管治療(神経のない歯の根の治療)
上顎臼歯の感染根管治療(神経のない歯の根の治療) 上顎臼歯の感染根管治療(神経のない歯の根の治療) 上顎臼歯の感染根管治療(神経のない歯の根の治療)
何もしなくても鈍い痛みがある、咬むと痛い、歯茎が腫れているなどの自覚症状を訴えて来院され、被せ物を外しました。 レジンコア(樹脂の土台)を外しました。 上の奥歯の根から膿(うみ)が出ていました。以前治療した歯根が感染を起こし、膿がたまっていたようです。次の来院時にお聞きすると、治療当日に痛みが引いたので安心した、とのことでした。
下顎臼歯抜髄処置症例(歯の神経を抜く)

<治療前>

治療前

<治療前(レントゲン写真)>

治療前(レントゲン写真)

<治療後>

治療後

食べ物がはさまる、咬むと痛い、しみると訴えて来院されました。奥歯の金属の詰め物の周り、歯と歯の間から大きな穴があいており、むし歯になっています。 レントゲン写真の中央に写っている歯に大きなむし歯があります。白く写っているのは金属です。歯の中の、黒くてアルファベットのHに似た線が根管(神経)です。むし歯と歯の神経の位置が近いのがわかります。 神経を抜いて(抜髄)、薬剤を詰めました(根管充填)。治療前のレントゲン写真と比較して、根管内に白く写っているのが充填した薬剤です。この症例はむし歯が神経に到達していたため抜髄しましたが、なるべく抜髄せずに治療します。自覚症状が大きい場合を除いて、抜髄はむし歯治療の最終手段だと考えています。
上顎臼歯の感染根管治療(神経のない歯の根の治療)

<治療前>

治療前

<治療前(レントゲン写真)>

治療前(レントゲン写真)

<治療中>

治療中

<治療後>

治療後

咬むと痛い、歯茎が腫れているとの訴えで来院されました。下の奥歯の歯茎に瘻孔(膿のトンネル)が確認されました。 左側の二股に分かれた歯根の、右側の周囲が黒くなっています。右側の歯の二股に分かれた左側も同様に歯根の周囲が黒くなっています。 歯根内の掃除を終え、薬を再充填しました(このケースは事情により、瘻孔の原因となった感染した歯根のみ治療しています)。 被せ物を装着しました。歯茎に見えていた瘻孔が消失しているのがわかります。治療後は違和感もなく、食事も美味しく召し上がっているそうです。

歯に痛みを感じるようなら、むし歯がかなり進行している証拠です。そのまま放置していても自然に治ることはありません。重度まで進行する前に、歯科医院を受診してください。また根管治療を受けずに済むよう、定期検診を受けてむし歯の早期発見・早期治療に努めましょう。

歯を失う原因はむし歯だけではありません!

伊丹市の歯医者、「木下歯科」の歯周病治療はこちら

歯の健康を守るには、「治療」よりも「予防」が大切です!

伊丹市の歯医者、「木下歯科」の予防歯科はこちら

お電話での予約・お問い合わせ|TEL 072-743-0180 24時間受付中! ネット予約はこちら