tel:072-743-0180

  • WEB診療予約
  • 無料メール相談

歯周病・歯周外科治療

軽症から重症まで、歯周病に強い歯医者です

阪急電車伊丹線稲野駅から徒歩5分、伊丹市・尼崎市歯医者、「木下歯科」の歯周病治療についてご紹介します。

軽症から重症まで、歯周病に強い歯医者です

歯周病の治療は歯のクリーニングや歯石除去が基本ですが、進行した歯周病では、外科的な処置(歯周外科治療)が必要になることもあります。当院の院長は病院歯科の医局長としての勤務経験を持ち、口腔外科の出身なので、重度の歯周病治療も対応いたします。事前のカウンセリングで治療内容についてしっかりご説明いたしますので、安心してお任せください。

歯周病とは

歯周病は、歯周ポケットに棲みついた「歯周病菌」が歯茎の中に入り込み、慢性的な炎症を引き起こす病気です。あまり自覚症状がないまま進行して歯茎や歯を支える顎の骨(歯槽骨)などの歯周組織を溶かすため、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。

その症状、もしかして歯周病?

歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位。成人の約8割がかかっているといわれているほど、予備軍の多い病気です。次の症状に一つでも心当たりがあれば、歯周病の可能性があります。気になる方は早めに歯科医院に相談しましょう。

こんな症状はありませんか? 
  • 朝起きるとお口の中がネバネバしている
  • ブラッシングの時、歯茎から出血する
  • 硬い物を咬むと歯茎から出血する
  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎が赤紫に変色している
  • 舌や指で触ると歯がグラグラする
  • 歯と歯の間に食べ物が挟まりやすくなった
  • 歯が長くなった気がする
  • 口臭が気になる
  • 何もしていない時でも歯茎から出血したり膿が出たりする
歯周病の進行段階

歯周病の進行段階

プラーク(歯垢)の中の歯周病菌が歯茎の炎症を引き起こす病気、歯周病。歯周病は、炎症が歯茎のみにとどまっている状態の「歯肉炎」、炎症が広がって歯槽骨を溶かし始めた状態の「歯周炎」という2つに分類でき、「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という4つのステップで進行していきます。

歯肉炎は歯周炎の前段階であり、「歯周病予備軍」と呼ばれることもありますが、予備軍だからといって油断は禁物です。歯周病が怖いのは、ほとんど自覚症状がないうちにどんどん進行していくこと。歯を失ってから後悔することのないように、日頃から歯周病の予防を心がけましょう。

歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
歯肉炎 軽度歯周炎 中等度歯周炎 重度歯周炎
検査・治療方法

こちらでは、当院で行っている歯周病の検査と治療方法をご紹介します。

検査

ポケット診査

歯と歯茎の間の「歯周ポケット」の深さを、プローブというものさし状の器具で測定する検査です。歯周ポケットは、歯周病の進行度がもっともよくわかる場所。歯周ポケットが深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

動揺度検査

歯周病が進行すると歯を支える顎の骨が溶かされてしまうので、歯のぐらつきの程度(動揺度)も大きくなります。歯を前後左右に押して動揺度を調べ、歯周病の進行状態を確認します。

CT検査

顎の骨の状態や骨量を正確に把握するために、CT検査を行います。歯周病が進行すると、顎の骨量が減っていきます。
治療法

SRP
(スケーリング・ルートプ

SRP (スケーリング・ルートプ
「スケーリング」は、歯に付着したプラークや歯石、その他の沈着物などを超音波スケーラーという専用器具を用いて除去します。さらに「ルートプレーニング」では、スケーリングで取り除けなかった汚れをキュレットという器具で除去したあと、歯根表面をなめらかに仕上げて汚れの再付着を防ぎます。スケーリングとルートプレーニングの両方を行うことで歯茎の炎症は治まり、歯周病の進行を食い止められます。

歯周ポケットそうは術

歯周ポケットそうは術
軽度~中等度の歯周炎に行う外科的処置です。局所麻酔のあと、歯周ポケット内部に溜まったプラークや歯石を除去します。

歯周外科治療について

重度の歯周病になると、一般的な治療法では対応が難しいケースも出てきます。当院では、患者様の症状に応じて次のような外科手術もご提案しております。重度の歯周病でお悩みの方は、当院までご相談ください。

フラップ手術

フラップ手術
中等度以上の歯周炎に行う外科的処置です。麻酔後に歯茎を切開して歯根を露出させ、歯周ポケットの奥深くに付着したプラークや歯石、歯周病菌に感染した組織を除去します。治療後は切開した歯茎を縫合します。

エムドゲイン法
(歯周組織再生療法)

エムドゲイン法(歯周組織再生療法)
重度の歯周炎に行う再生治療法です。「エムドゲイン・ゲル」という薬剤を塗布して、溶けてしまった顎の骨を再生します。
CTG(結合組織移植術) 歯周病で痩せてしまった歯茎を回復させるために、歯肉移植手術が行われる場合があります。CTGは上顎の口蓋から結合組織を切り取り、歯茎が下がっている部分に移植して、歯茎の厚みを取り戻す治療法です。ブラッシングしやすくなり、歯が長持ちします。
FGG(遊離歯肉移植術) CTGと同じく歯肉移植手術のひとつです。CTGでは結合組織のみを移植しますが、FGGは上顎の口蓋から上皮のついた歯茎を切り取り移植します。CTGより簡単な手術で済みますが、審美性はやや劣ります。

症例紹介

全顎歯石除去、着色・ステイン除去(スケーリング、PMTC)

治療前

治療前

スケーリング後

スケーリング後

治療前

治療前

スケーリング、PMTC後

スケーリング、PMTC後
下の前歯の裏側です。歯間や歯と歯茎の境目に詰まっている黄色いものが歯石です。歯石は食べかすやプラークが唾液成分と結合して形成され、歯周病を悪化させる原因となります。通常のブラッシングでは除去できないため、専用の医療器具を使ってスケーリングを行いました。 歯石がきれいに除去されています。歯石が付着した歯の表面はザラザラしていますが、クリーニング後はツルツルになります。 上下の前歯の表面に歯石が見られます。歯の着色汚れも気になります。 歯石を除去するスケーリングと、着色汚れを落とすPMTCを行いました(保険治療)。見た目がきれいになり、お口の中もさっぱりします。歯周病予防はもちろん、口臭予防にも効果があります。さらに歯を白くしたい方にはホワイトニング(自費治療)をおすすめします。

歯周病は予防できる病気です

伊丹市の歯医者、「木下歯科」の予防歯科はこちら

「歯が痛い」「しみる」・・・・・・その症状はむし歯のサインです!

伊丹市の歯医者、「木下歯科」のむし歯治療はこちら

お電話での予約・お問い合わせ|TEL 072-743-0180 24時間受付中! ネット予約はこちら