tel:072-743-0180

  • WEB診療予約
  • 無料メール相談

義歯(入れ歯)・インプラント

歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまった方へ

事故や病気など、さまざまな理由で歯を失うことがあります。「奥歯で目立たないから」「歯がなくても咬めているから」と、そのままにしている方はいませんか? たとえ1本でも抜けたままにしていると、咬み合わせや歯並びに乱れが生じて、残った健康な歯にも悪影響が及びます。その結果、多くの歯を失ってしまうことにもなりかねません。できるだけ早く治療を受けましょう。

失った歯を補う方法には、おもに「入れ歯治療」「ブリッジ治療」「インプラント治療」の3つがあります。伊丹市の歯医者「木下歯科」では、患者様のお口の中の状態やご要望に合わせて、最適な治療をご提案しています。歯を失っても快適な生活が送れるようサポートいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

入れ歯治療について

失った歯を補う3つの治療の中で、もっともポピュラーなのが「入れ歯治療」です。こちらでは、入れ歯治療のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット デメリット
  • 治療期間が比較的短い
  • 外科手術が必要なく、身体的な負担が少ない
  • 入れ歯の素材や治療法によっては保険診療となり、比較的治療費が安い
  • 種類によっては装着時に違和感がある
  • 咬み心地が悪く、硬い物がしっかり咬めないことがある
  • 顎の骨が痩せてしまうことがある
  • 種類によっては入れ歯だとわかりやすく、見た目が不自然
  • 発音が不明瞭になりやすく、食感や食べ物の温度などが損なわれることがある

「よく咬めない」「見た目が悪い」「外れやすい」など、一般的に入れ歯のイメージはあまり良くないかもしれません。しかし、現在では入れ歯の作製技術の向上や新しい素材の開発によって、審美性と機能性を兼ね備えた「天然の歯に近い入れ歯」が実現しています。

当院では保険・自費診療を問わず、患者様のライフスタイルやニーズに合わせた入れ歯をご提案いたします。気になることは何でもご相談ください。

取り扱いの入れ歯

保険診療の入れ歯

保険診療の入れ歯

特徴

お口の粘膜にあたる床(しょう)部分がレジン(歯科用プラスチック)で作られた入れ歯。部分入れ歯のクラスプ(留め具)は金属製。

メリット

  • 保険診療なので比較的安価
  • 素材がプラスチックなので、破損しても修理しやすい

デメリット

  • 床が厚く、装着時の違和感が出やすい
  • 食べ物の温度や味がわかりづらい
  • 臭いや汚れが付きやすく、長期間の使用で変色やすり減りが起こる

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

特徴

クラスプに金属を使わない部分入れ歯。軽くてやわらかい樹脂を使用している。

メリット

  • 金属を使わないので目立たず、審美性が高い
  • フィット感にも優れる

デメリット

  • 修理や調整がやや難しい
  • 失った歯の数が多いと適用できない場合がある
  • 自費診療のため、保険診療の入れ歯より高価

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

特徴

残っている歯と入れ歯に特殊な磁石を取り付けて、磁力で固定する部分入れ歯。全ての歯がない場合でも、インプラントとの併用で使用可能。

メリット

  • 強力な吸着力で安定性が高く、ずれたり外れたりしにくい
  • しっかり咬める
  • 残っている歯や体への負担も軽く、審美性にも優れる

デメリット

  • 磁気アレルギーなど、適用できない場合がある
  • 自費診療のため、保険診療の入れ歯より高価

金属床
(ゴールド・チタン・コバルトクロム)

金属床   (ゴールド・チタン・コバルトクロム)

特徴

床部分がゴールド・チタン・コバルトクロムなどの金属でできている入れ歯。

メリット

  • 割れにくく、変形しにくい
  • 熱伝導率が高く、食べ物の温度が伝わりやすい
  • 保険診療の入れ歯(プラスチック)より薄く、装着時の違和感が少ない

デメリット

  • 耐久性は高いが、破損した場合は修理が困難
  • 使用する金属によってはアレルギーを引き起こすことがある
  • 自費診療のため、保険診療の入れ歯より高価

ホワイトクラスプデンチャー

ホワイトクラスプデンチャー

特徴

クラスプに熱可塑性レジン(アセタル)という素材を使用した部分入れ歯。天然歯に近い白さで、金属製のクラスプと比べて目立ちにくい。

メリット

  • 金属製のクラスプより目立ちにくい
  • 強度・耐久性が高い
  • 浸水性がないのでバクテリアが付着せず、口臭を防ぐ

デメリット

  • 強度を出すためにクラスプが太くなっており、全く目立たないわけではない
  • クラスプの調整が難しい
  • 自費診療のため、保険診療の入れ歯より高価

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャー

特徴

クラスプを使用せず、二重構造でできた冠を使ったはめ込み式の部分入れ歯

メリット

  • クラスプがないので審美性に優れる
  • クラスプよりもしっかりと固定され、しっかり咬める
  • 支えとなる歯にかかる負担が、クラスプよりも軽い

デメリット

  • 自費診療のため、保険診療の入れ歯より高価

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

特徴

歯茎側(口腔内粘膜側)にバイオシリコンという特殊なシリコン樹脂を使用した入れ歯

メリット

  • クッション性が高く、強く咬んでも痛みがない
  • フィット感が良く、違和感が少ない
  • 審美性にも優れる

デメリット

  • 自費診療のため、保険診療の入れ歯より高価

BPSデンチャー

BPSデンチャー

特徴

スイスのイボクラール・ビバデント社が開発した生体機能的補綴システム(Biofunctional Prosthetic System)を利用して作製する、フルオーダーメイドの精密な入れ歯

メリット

  • 吸着力に優れ、落ちたり外れたりすることがほとんどない
  • ずれにくいので、硬い物でもしっかり咬める
  • 汚れにくく、壊れにくい
  • 審美性に優れ、入れ歯だと気付かれにくい

デメリット

  • 認定を受けた歯科医師や歯科技工士だけが扱えるものなので、実施している医療機関が少ない
  • 作製に時間がかかる
  • 価格が高い
コラム入れ歯を長くお使いいただくために

入れ歯を長くお使いいただくために

入れ歯は使い続けているうちに徐々に合わなくなってくることがあります。これは、年齢とともに歯茎が痩せる、骨量が減るなど、お口の状態が変化することが原因です。また経年使用により入れ歯が摩耗して、咬み合わせのバランスが崩れてしまうこともあります。「付けると痛い」 「食べ物がうまく咬めない」 「すぐ外れてしまう」などのお悩みは、入れ歯の修理・調整によって改善できます。我慢せず、歯科医院で調整してもらいましょう。

入れ歯を長持ちさせるには、毎日の入れ歯のケアだけでなく、残っている歯のケアも大切です。入れ歯の土台となっている歯がむし歯や歯周病になると、入れ歯も作り直さなければなりません。定期的に歯科医院を受診して、入れ歯をこまめに調整すること、残った歯のメインテナンスを受けてお口を良い状態に保つこと。それが入れ歯を長く使い続ける秘訣です。

インプラント治療について

インプラントとは

インプラントとは

インプラント治療とは、歯が抜けてしまった箇所に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に義歯を被せて失った歯の機能を回復させる治療法です。インプラントは埋め込んだ顎の骨としっかり結合するので、天然歯のような咬み心地が得られます。また見た目も自然なことから、近年はインプラントを希望する方が増えています。

インプラントと入れ歯の違い

どんな治療にもメリットとデメリットがあります。それぞれの特徴をよく理解して、ご自分に合った方法を選びましょう。

  インプラント 入れ歯
メリット
  • 骨としっかり結合するため、天然歯と遜色なく、しっかり咬める
  • 周囲の健康な歯に負担を与えないので、残った歯を失うリスクが少なくなる
  • インプラントに被せる義歯にセラミック素材を選択すれば、自然で美しい見た目が実現する
  • 手入れが比較的簡単
  • 比較的治療が簡単で治療期間も短い
  • 保険診療の素材と治療法を選べば、治療費が安い
デメリット
  • インプラントを埋め込むため、外科的手術が必要
  • 自費診療なので、比較的治療費が高額
  • 治療期間が長い
  • 装着時に異物感がある
  • 手入れが面倒
  • 硬い物、粘りのある物は咬みにくい。特に総入れ歯の咀嚼力は天然の歯の10~20%とかなり弱い
  • 保険診療の素材を選ぶと見た目が劣る
インプラント治療の流れ
STEP1
適応検査・術前検査
STEP2
治療説明・同意
STEP3
造骨手術
※必要な場合のみ
STEP4
インプラント埋入手術(一次)
STEP1適応検査・術前検査 STEP2治療説明・同意 STEP3造骨手術 STEP4インプラント埋入手術(一次)
歯科用CTを用いて口腔内診査を行い、お口の中の状態を調べます。 検査結果をもとに作成した治療計画をご説明いたします。患者様に同意をいただいてから治療を始めます 必要な場合のみ、骨造成・上顎洞底挙上術・顎堤増大術などの造骨手術を行います。 歯茎を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込むための穴をあけます。インプラントを埋め込んだあと歯茎で覆って縫合、インプラントと顎の骨が結合するのを待ちます。抜糸・消毒まで、下顎なら3ヵ月から、上顎で6ヵ月からが目安です。
STEP5
アバットメント装着(頭出しの手術・二次)
STEP6
仮歯の装着・修正
STEP7
被せ物の製作
STEP8
メインテナンス
STEP5アバットメント装着(頭出しの手術・二次) STEP6仮歯の装着・修正 STEP7被せ物の製作 STEP8メインテナンス
骨とインプラントが定着したら、人工歯との接続部分となるアバットメントを装着します。 アバットメントを装着した時点で、インプラントにサポートされた仮歯を入れます。※仮歯の時期は前後することもあります 型取りをして、インプラントの上に被せる人工歯やクラウンを作製します。被せ物が出来上がったらアバットメントに装着して治療は完了です。 メインテナンスを怠ると、インプラントの周囲の歯茎が炎症を起こす「インプラント周囲炎」になり、最悪の場合インプラントが抜け落ちる可能性があります。毎日のケアと歯科医院での定期的なメインテナンスで、インプラントを長持ちさせましょう。

「歯が痛い」「しみる」・・・・・・それはむし歯のサインです!

伊丹市の歯医者、「木下歯科」のむし歯治療はこちら

歯周病は歯を失うリスクのある、恐ろしい病気です!

伊丹市の歯医者、「木下歯科」の歯周病治療はこちら

インプラントのあとは定期的なメインテナンスでケアしましょう

伊丹市の歯医者、「木下歯科」の予防歯科・定期検診はこちらちら

お電話での予約・お問い合わせ|TEL 072-743-0180 24時間受付中! ネット予約はこちら