tel:072-743-0180

  • WEB診療予約
  • 無料メール相談

金属アレルギーですが、治療法はありますか?

2018/03/07金属アレルギーですが、治療法はありますか?

金属アレルギーですが、治療法はありますか?

 

 金属アレルギーの治療の第一歩は、どの金属に対してアレルギーが出るのかを確かめることです。確かめる方法としては、いくつかありますが、パッチテストが一般的です。パッチテストは、各種金属の試料を腕や背中に貼り、その部位の皮膚反応から、アレルギーの有無を判断します。痛みなどはありませんが、テストは汗をかく夏は正しい判定が出来ないこともあります。

 

 アレルギーを起こす金属が分かったら、口の中の金属修物にその金属が含まれているか調べます。口の中の金属の表面を少し研磨する程度で分かります。口の中にアレルギーを引き起こす金属があれば、その金属を除去します。しかし、除去してすぐに病状がよくならないこともあり、完全に病状が良くなるまでに期間が必要な場合もあります。

 

 除去した部分には、最終的に人工物で補うことになります。欠損部によっては、噛み合わせが強く、金属での補修が良い場合もあります。その場合は、パッチテストなどで安全が確認された金属を使ったりします。また、セラミックや硬貨レジンで修復をする場合もあります。ですが、保険の金属が使えない場合は、保険外診療になります。

 

伊丹市 木下歯科 院長 木下勝巳

戻る